群馬の温泉紹介

温泉

国内外からも高評価!群馬の4大温泉巡り

日本三名泉のひとつ草津温泉を筆頭に、宿泊可能なものだけで100以上の温泉地を保有する温泉大国群馬。開湯1,000年を超える古湯もあり、温泉地としては非常に長い歴史をもちます。国内はもちろん海外からの評価も高く、中でも宝川温泉 汪泉閣(おうせんかく)は世界最大の旅行ガイド「ロンリープラネット」やロイター通信の「外国人記者が選ぶ日本の温泉トップ10」にも選ばれ、国内外問わず人気が高まっています。実はこの汪泉閣、日本武尊(やまとたけるのみこと)の病も治した湯とも言われているほど、その歴史は古いのです。ちなみに群馬には、群馬4大温泉と言われる温泉郷があります。宝川温泉は4大温泉郷の一つ水上温泉郷に存在する温泉地です。その他の群馬4大温泉には「草津温泉」「伊香保温泉」「四万温泉」があり、それぞれ特徴が異なります。草津温泉は日本三名泉にも数えられる、いわば温泉の代名詞。温泉地の中心には湯畑があります。源泉が50〜90度と高温なのも特徴。成分を薄めること無く温度を下げるための「湯もみ」が名物で、体験も可能となっています。伊香保温泉は榛名山の中腹に位置しており、これまた非常に歴史ある温泉地。石段が続く石段街にはお土産屋さんや旅館、ホテルが立ち並び、連日観光客で賑わいます。この石段街が形成されたのは400年以上前の戦国時代だと言われています。また黄金(こがね)の湯と無色透明な白銀(しろがね)の湯も有名です。四万温泉、その名称は「四万の病を癒やす」という伝説に由来します。国立公園内にある温泉地で、山々に囲まれた自然豊か。避暑地としても最適で、大自然を思いっきり楽しみたいという方にはぴったりの温泉地です。さて、言わずと知れた群馬の温泉地をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。これだけの温泉地があるので、一度に周りきるのは難しいですよね。季節毎に違った顔を楽しみながら、群馬で温泉巡りしてみませんか。

Copyright© 2018 旅行で気分リフレッシュしよう【日帰り温泉ならではの楽しみ方】 All Rights Reserved.